宝塚記念はゴールドシップが力でねじ伏せる圧勝。

宝塚記念

1着 ゴールドシップ
2着 ダノンバラード
3着 ジェンティルドンナ

勝ったゴールドシップはスタートこそいつものような出足の悪さを見せましたが、すぐに内田騎手が押していってジェンティルドンナを見る形での4番手追走。
不安視されていた後方からしかいけない脚質をやや強引ではありますが修正して見せました。
3,4コーナーでも内田騎手は追い通しでしたが、ジェンティルドンナに離される事なくすぐ外をピッタリとマーク。
直線を向いてからは突き放す一方で、力がいる馬場が向いている部分もあるとは言え、力でねじ伏せた完勝でした。

3着のジェンティルドンナは、阪神内回りの2200、雨の影響で力のいる馬場のどちらも合わない感じで、逆にこういう馬場が得意なゴールドシップには今回は完敗ですね。
牝馬で宝塚記念3着は立派な成績ではありますが、この馬にはそれでは満足できない期待がかけられていますので、そういう期待込みの視点では思っていた以上のものはなかったというレースでした。
フェノーメノを抑えているのは確かですが、ダノンバラードを交わせていませんし、ほとんど4コーナーの順番で決まったレースですから、弱くはないという当たり前の事が再確認できただけというところですね。

2着に健闘したダノンバラードは結果的に位置取りが一番良かったと言えますね。
中山2200のAJCC勝ちがあって、渋った馬場でも大きく崩れた事もなく、今回の舞台も向いていた部分はありそうです。
そう考えると秋は秋天JCではなく有馬でまた面白い存在になってくるのかもしれませんね。

オルフェーヴルは宝塚記念回避。追い切り後に肺出血

ファン投票1位で宝塚記念に出走予定だったオルフェーヴルは肺出血のため、宝塚記念は回避となりました。

出走頭数は少ないながらもファン投票上位4頭の4強対決が非常に楽しみでしたが、大将格のオルフェーヴルが出走回避。非常に残念です。

凱旋門賞を含めた今後については現時点では白紙のようで、しばらく様子を見てからの判断という事になりそうです。
ファンとしては今年も凱旋門賞でぜひ見たいですが、万全の体勢で挑まなければいけないレースですし、今後の状況によっては回避でも仕方ないのかなぁといったところですね。

宝塚記念は3強となったゴールドシップ、フェノーメノ、ジェンティルドンナが中心なのは変わりませんが、割って入る馬が出てくるかもしれないという感じで、馬券的には面白くなった部分もあるのかもしれません。

13日朝、池添騎手を背に栗東トレセンの坂路コースで追い切られた(4ハロン52秒5-12秒5)が、その後の息づかいが悪かったため検査したところ、運動誘発性肺出血が判明。出血の量が多くなると鼻出血にもつながるため、宝塚記念に向けて負荷をかけ続けることは難しいと判断され、回避することが決まった。

 今後は、近日中に滋賀県のノーザンファームしがらきに放牧に出される予定。凱旋門賞出走など今後のことは状態を見てから判断される。
http://race.sanspo.com/keiba/news/20130613/ope13061313230020-n1.html

宝塚記念登録は12頭。ステイゴールド産駒vsディープインパクト産駒

6月23日に行われる宝塚記念の登録が行われ、12頭の登録がありました。
頭数は12頭とやや寂しくなりましたが、人気投票の上位4頭は出走を予定しており、少なめの頭数で紛れの少ないレースが期待できそうです。

オルフェーヴル
ゴールドシップ
ジェンティルドンナ
フェノーメノ
トーセンラー
ナカヤマナイト
シルポート
ダノンバラード
スマートギア
ヒットザターゲット
ローゼンケーニッヒ
タニノエポレット

フルゲートに達していないので全馬出走可能ですが、スマートギア、タニノエポレットはまだ確定ではないようです。

現時点でステイゴールド産駒がオルフェーヴル、ゴールドシップ、フェノーメノ、ナカヤマナイトの4頭。ディープインパクト産駒がジェンティルドンナ、トーセンラー、ダノンバラードの3頭となっていて、この2頭の産駒が上位人気を占める事が予想されます。4強対決はもちろん、ステイゴールドvsディープインパクトという構図でも楽しめますね。

宝塚記念ファン投票結果発表。1位はオルフェーヴル

宝塚記念の人気投票の結果が発表されました。
上位の10頭は以下のようになってます。

1位 オルフェーヴル
2位 ゴールドシップ
3位 ジェンティルドンナ
4位 フェノーメノ
5位 エイシンフラッシュ
6位 キズナ
7位 ヴィルシーナ
8位 トーセンラー
9位 ロゴタイプ
10位 ショウナンマイティ

http://www.jra.go.jp/news/201306/060604.html

1位はやっぱりオルフェーヴルですね。4強という言われ方をしていますが獲得票数を見ればオルフェーヴルは他の3頭より少し抜けている感じです。

10位以内で現時点で宝塚記念に出走予定なのはオルフェーヴル、ゴールドシップ、ジェンティルドンナ、フェノーメノ、トーセンラーの5頭ですね。
1位から4位が全て出てくるという事で、この4頭の対決が注目されます。上位4頭に比べれば実績は劣りますがトーセンラーも今年に入って好調です。

11位以下で出てきそうなのは、11位のナカヤマナイト、30位のシルポートは出走の方向。
13位のダークシャドウ、37位のダノンバラードはまだ分かりませんが出てくる可能性が高そうです。

現時点で出走が見込めるのはこのあたりまでで、1000万を勝ったばかりのローゼンケーニッヒが出走意思を示したように、フルゲートにはならなそうですね。
ローゼンケーニッヒを入れても現時点で名前が挙がるのは10頭。ここからどれくらいの出走頭数になるでしょうか。

2013宝塚記念。4強対決の中心オルフェーヴル

2013年の宝塚記念は4強対決に注目が集まっていますが、その中でも最も注目されるのはオルフェーヴル。
昨年の宝塚記念に続いての連覇を目指します。

昨秋は凱旋門賞挑戦の為フランス遠征に望み、前哨戦のフォア賞を快勝。
大きな期待を背負っての凱旋門賞となりました。


1着 ソレミア
2着 オルフェーヴル

直線を向いて抜けだしたところでは勝ったと確信するようなレースでしたが、最後に内にモタれるようなとこも見せ2着。
最後のひと押しが足りませんでしたが実力を見せるには十分内容だったと言えるでしょう。
勝ったのは4歳牝馬のソレミア。鞍上は日本でもおなじみのペリエ騎手でした。

そして日本に戻りJCへ出走。遠征帰りの不安は多少ありましたが、単勝オッズ2.0倍の一番人気に支持されます。


1着 ジェンティルドンナ
2着 オルフェーヴル

直線を向いても手応え十分。そのまま突き抜けるかと思われましたが、残り200あたりで内のジェンティルドンナと接触。
そこから馬体を併せての叩き合いとなりましたが、ジェンティルドンナがハナ差で制しました。
接触については物議を醸すものでしたが、4キロの斤量差があるとはいえ相手は3歳牝馬のジェンティルドンナ。この敗戦はこれまでのオルフェーヴルを考えれば物足りない結果でした。

凱旋門賞、ジャパンカップと2戦続けて牝馬に敗戦。ウオッカやブエナビスタに代表されるように近年は牝馬の活躍が目立っていますが、それでもオルフェーヴルが2戦続けて負けた事実はやはりショックでしたね。

その後有馬記念はパスして休養に入り、復帰戦の大阪杯。休養明けのここでも単勝1.2倍の圧倒的な支持を集めました。

1着 オルフェーヴル
2着 ショウナンマイティ
3着 エイシンフラッシュ

中団やや後方で折り合い、3,4コーナーから徐々に進出し先頭を射程圏に捉えて直線へ。
エイシンフラッシュを外から交わすとショウナンマイティの追撃を半馬身しのぐ着差以上の完勝と言っていい内容でした。

オルフェーヴルとしてはかなり大人しいレースで、付け入る隙がほとんどありませんでした。
レース内容は非常に質の高いもので、オルフェーヴルより斤量が1kg軽かった2着ショウナンマイティはこの後安田記念で2着。オルフェーヴルの力はまだまだ健在と判断しても良さそうですが、暴力的なまでの強さを見せつけていた頃に比べれば物足りないのは事実です。
性格的に少し丸くなってきたというだけであれば、本当に付け入る隙のない馬になってきますが、多少でも衰えがあるのであれば今回の相手はジェンティルドンナの他にもゴールドシップ、フェノーメノと勢いのある4歳が揃っていますので、心配な部分はあります。

そしてこの大阪杯から宝塚記念というローテーションになり、約3ヶ月ぶりとなる中11週が気になる部分でもありますが、オルフェーヴルは休み明けの成績は良く(逸走しかけた阪神大賞典もありますが結果は2着)、詰めたローテーションではほとんど使っていない馬なので、春の番組構成や大目標は凱旋門賞という事を考えればまぁベストと言えるローテーションなのではないでしょうか。

阪神2200mの舞台も昨年の宝塚記念を制していますし、長い距離でも活躍していますが最も強さを見せているのは中距離です。
宝塚記念はオルフェーヴルにとってはベストに近い舞台ですね。
能力的には今更文句のつけようもない馬ですから、あとは力を維持できているか。そして大阪杯では完璧なレースはしましたが気性面に不安を抱える馬なのは間違いなく、その力をきちんと発揮できるのかというところが焦点になってきます。

大目標の凱旋門賞を考えれば、今回の相手でもきっちりと勝っておきたいところですね。

ショウナンマイティは宝塚記念回避が濃厚。天皇賞(秋)を目標へ

安田記念2着のショウナンマイティは宝塚記念を使わずに秋に備える事になりそうです。

安田記念から中2週となる日程でもありますし、この馬の適性を考えれば大目標はやはり天皇賞(秋)となります。
昨年秋を春の疲れから棒に振っている事もありますし、今年は天皇賞(秋)に万全の体勢で挑むための決断だったのではないかなと思います。

これで宝塚記念はオルフェーヴル、ゴールドシップ、ジェンティルドンナ、フェノーメノの4強の対決という構図になりそうですね。

安田記念2着のショウナンマイティ(牡5歳、栗東・梅田智厩舎)は、宝塚記念(23日、阪神)に向かわず、秋まで休養に入る可能性が高くなった。

 4日、梅田智調教師は、今後について「1週間くらい様子を見て決めますが、たぶん宝塚記念には使わないと思う。夏休みを挟んで、秋は天皇賞(10月27日、東京)を大目標に調整していくつもりです」とコメント。昨年の宝塚記念は、オルフェーヴルの3着だったが、今年は秋競馬に備え充電する模様だ。
http://hochi.yomiuri.co.jp/horserace/news/20130604-OHT1T00147.htm