宝塚記念はゴールドシップが力でねじ伏せる圧勝。


宝塚記念

1着 ゴールドシップ
2着 ダノンバラード
3着 ジェンティルドンナ

勝ったゴールドシップはスタートこそいつものような出足の悪さを見せましたが、すぐに内田騎手が押していってジェンティルドンナを見る形での4番手追走。
不安視されていた後方からしかいけない脚質をやや強引ではありますが修正して見せました。
3,4コーナーでも内田騎手は追い通しでしたが、ジェンティルドンナに離される事なくすぐ外をピッタリとマーク。
直線を向いてからは突き放す一方で、力がいる馬場が向いている部分もあるとは言え、力でねじ伏せた完勝でした。

3着のジェンティルドンナは、阪神内回りの2200、雨の影響で力のいる馬場のどちらも合わない感じで、逆にこういう馬場が得意なゴールドシップには今回は完敗ですね。
牝馬で宝塚記念3着は立派な成績ではありますが、この馬にはそれでは満足できない期待がかけられていますので、そういう期待込みの視点では思っていた以上のものはなかったというレースでした。
フェノーメノを抑えているのは確かですが、ダノンバラードを交わせていませんし、ほとんど4コーナーの順番で決まったレースですから、弱くはないという当たり前の事が再確認できただけというところですね。

2着に健闘したダノンバラードは結果的に位置取りが一番良かったと言えますね。
中山2200のAJCC勝ちがあって、渋った馬場でも大きく崩れた事もなく、今回の舞台も向いていた部分はありそうです。
そう考えると秋は秋天JCではなく有馬でまた面白い存在になってくるのかもしれませんね。


URL :
TRACKBACK URL :

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)

Top