2013宝塚記念。4強対決の中心オルフェーヴル


2013年の宝塚記念は4強対決に注目が集まっていますが、その中でも最も注目されるのはオルフェーヴル。
昨年の宝塚記念に続いての連覇を目指します。

昨秋は凱旋門賞挑戦の為フランス遠征に望み、前哨戦のフォア賞を快勝。
大きな期待を背負っての凱旋門賞となりました。


1着 ソレミア
2着 オルフェーヴル

直線を向いて抜けだしたところでは勝ったと確信するようなレースでしたが、最後に内にモタれるようなとこも見せ2着。
最後のひと押しが足りませんでしたが実力を見せるには十分内容だったと言えるでしょう。
勝ったのは4歳牝馬のソレミア。鞍上は日本でもおなじみのペリエ騎手でした。

そして日本に戻りJCへ出走。遠征帰りの不安は多少ありましたが、単勝オッズ2.0倍の一番人気に支持されます。


1着 ジェンティルドンナ
2着 オルフェーヴル

直線を向いても手応え十分。そのまま突き抜けるかと思われましたが、残り200あたりで内のジェンティルドンナと接触。
そこから馬体を併せての叩き合いとなりましたが、ジェンティルドンナがハナ差で制しました。
接触については物議を醸すものでしたが、4キロの斤量差があるとはいえ相手は3歳牝馬のジェンティルドンナ。この敗戦はこれまでのオルフェーヴルを考えれば物足りない結果でした。

凱旋門賞、ジャパンカップと2戦続けて牝馬に敗戦。ウオッカやブエナビスタに代表されるように近年は牝馬の活躍が目立っていますが、それでもオルフェーヴルが2戦続けて負けた事実はやはりショックでしたね。

その後有馬記念はパスして休養に入り、復帰戦の大阪杯。休養明けのここでも単勝1.2倍の圧倒的な支持を集めました。

1着 オルフェーヴル
2着 ショウナンマイティ
3着 エイシンフラッシュ

中団やや後方で折り合い、3,4コーナーから徐々に進出し先頭を射程圏に捉えて直線へ。
エイシンフラッシュを外から交わすとショウナンマイティの追撃を半馬身しのぐ着差以上の完勝と言っていい内容でした。

オルフェーヴルとしてはかなり大人しいレースで、付け入る隙がほとんどありませんでした。
レース内容は非常に質の高いもので、オルフェーヴルより斤量が1kg軽かった2着ショウナンマイティはこの後安田記念で2着。オルフェーヴルの力はまだまだ健在と判断しても良さそうですが、暴力的なまでの強さを見せつけていた頃に比べれば物足りないのは事実です。
性格的に少し丸くなってきたというだけであれば、本当に付け入る隙のない馬になってきますが、多少でも衰えがあるのであれば今回の相手はジェンティルドンナの他にもゴールドシップ、フェノーメノと勢いのある4歳が揃っていますので、心配な部分はあります。

そしてこの大阪杯から宝塚記念というローテーションになり、約3ヶ月ぶりとなる中11週が気になる部分でもありますが、オルフェーヴルは休み明けの成績は良く(逸走しかけた阪神大賞典もありますが結果は2着)、詰めたローテーションではほとんど使っていない馬なので、春の番組構成や大目標は凱旋門賞という事を考えればまぁベストと言えるローテーションなのではないでしょうか。

阪神2200mの舞台も昨年の宝塚記念を制していますし、長い距離でも活躍していますが最も強さを見せているのは中距離です。
宝塚記念はオルフェーヴルにとってはベストに近い舞台ですね。
能力的には今更文句のつけようもない馬ですから、あとは力を維持できているか。そして大阪杯では完璧なレースはしましたが気性面に不安を抱える馬なのは間違いなく、その力をきちんと発揮できるのかというところが焦点になってきます。

大目標の凱旋門賞を考えれば、今回の相手でもきっちりと勝っておきたいところですね。


URL :
TRACKBACK URL :

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)

Top